プリンセスナイトメア

パソ用乙女ゲ ADV

我儘小悪魔、自称天才の吸血鬼の少女が主人公。
しかし、強気勝気女王様、という感じはありません。
しっかりとした自分の考えのもと振舞う、普通の正義感の強くて優しい女の子。
戦闘シーンなんかでもめっぽう強い。

主人公が勝気だという設定が前面に押されているだけで、
ストーリー的には古典的王道で良いと思います。
異種族、義理だけど家族というある種の禁断の関係の恋がほとんどだけど
どろどろ?っと暗くならない。
その禁断が色気を出しているがこれも色っぽくなりすぎない。
結局分からないことがいくつか残ります。
同じ舞台設定で続編をつくるのかもしれません。
もう少しキャラの感情を描写してもいいと思う。

章仕立てになっていてその度にセーブか続行か選択肢がでる。
内容的には短い。そのためかもう少しイベントが欲しいキャラもいる。
章に細かく分けているので、ルート選択する為だけの章が存在する。
テキストは読みやすい。美麗な絵。
章のタイトルコールやスタッフロールをスキップできない。
本来の姿に戻るのにメタモルフォーゼと叫ぶため美少女変身ものに思えてくる。
楽しかったです。フルコンプしてみようかなあ、とは思えます。
つづきは、独り言のようなものです。







個人的には、お父様とラドウが特に好き。
フランも好き。

どうでも良いけれどラドウの右手の装飾品に似ているブレスレッドを
持っていて、ラドウの手元を初めてみたとき爆笑してしまいました。