デビサマシリーズ新作

そのうち女性サマナー主人公はでませんか?
襲名して男性名を名乗る女性。某プリンセスみたいだがそういう状況は好きなので。

大正時代ということで、まず町並みが目新たしかったです。
最初は街中でエンカウントすることにやりにくさを感じましたが、
街を行き来して調べる探偵だから、ダンジョンではない街に悪魔がでないとね。
また、仲魔の忠誠度をMAXにしなければ合体出来なくて多少の面倒くささを感じました。
ゲームなのでルールと制限は必要なのだけど。
慣れてしまえばどうってことない。レベル上げ、という作業もついでに出来るし。
合体は思うように魔法の引継ぎが出来ないなあ。
悪魔も時代の制限だろうか? 人気のあの娘とか彼がいない。
でも個人的にはそこは気にならなかったです。悪魔数の少ないことも。
仲魔を連れて歩けて、彼らと共に事件を解決できる、今までと違う使役の楽しみは良かった。
キャラクターに関しては無難というか気を衒わなくて自然?
鳴海がリーダーを思わせてちょっと切ないです。
ゴウトが可愛くてネコマタ狩りしてたら、うっかりあっさりクダン倒してしまいました。

戦闘のアクション。
RPGのだるさみたいなところが軽減されたような。
アクション操作的にはなんというか「遅い」感じがするけど。
アクションの操作を求めるゲームではないのでどうでもいいか。


特典CDの裏のジャケットに万歳三唱★

クリアしました。
淡白なゲームでした。このさくっと平坦具合は好きです。
ダンジョンは狭くて迷わないし、一本道だし。スタンダード。やりやすい。