遊戯記録

遊んだゲームの記録。

クーロンズゲートその2

八卦鏡の角度を正しに行って帰ってこない鏡屋救出大作戦! 
そんなわけでえび剥き屋の横から重慶花園へ。
錠前屋の相方がいなくなってる!
錠前屋が扉をあけてくれるっていうのはきっと合鍵つくってくれるって意味なんだろな。

リアルタイム・ダンジョン突入。
やっぱり酔う。階段を降りるときの揺れが気持ち悪いし天井が低いので圧迫感が。

2階をうろうろして開かずの扉をマーキング。そうしているうちにピンクに歪む!
鬼律がいる証拠! 初戦闘だー
鬼律って可愛いの。物に邪気が溜まってモンスターになるんだと。
つくも神みたいだなー
昔はなかなか把握できなかった陰陽五行説も今じゃ何もみなくても書き表せます。
日常ではまったく役に立たないけどな。

3階にあがって開かずの扉をマーキングしつつ端末でセーブ。
うろうろしてると視界がピンク!
地図を見ながら進んでいるとまたまたピンクに霞む!
この文だけ読むとちょっとえろっちぃ。

3階南に並ぶ部屋を調べると中から声がする。鏡屋だろうか。
助けるために扉を閉じている鬼律を探す。
けっこうあざとく狭い通路の先の扉の奥にいやがる。
邪気が濃いのにいないなーって思ったら隣の部屋だったりするんだ。
ピンクの邪気の中を歩いて鬼律発見、物に返す。

南の部屋に戻るけど鏡屋の扉は開かないし喋らない…もうひとつ奥の部屋へ入ると
3本の大鍵が落ちているので入手。さっそくその鍵を使い鏡屋を助ける。

鍵を寄こせというのであげる。もう一本鍵はあるらしい。
初対面の素性不明な俺になんの疑いもなく七宝刀をくれる…
陰界の人は協力的だなーってかフレンドリー?
最後の鍵の在り処に心当たりがあるそうで錠前屋に渡してくれるとのこと。
会話が済んで歩き出すと口笛? の音がしてナビ登場!

リトルフライは子どもみたいな容姿だけど子どもじゃないだろなー
なんというかくまプーの声を始めて聞いたときの衝撃に似た感覚。
ってかアクセスカード持ってないとナビは雇えないんじゃ? (ぜんまい屋談)
だいたいナビと契約なんてしてないって! 誰がやとったの?!

そんなわけで強制的に九龍路へ移動。迷わず帰れてよかった…

鏡屋の様子をみにいくと店にはいない。
ぜんまい屋と話す。
鏡屋も歳なので手伝ってやってくれと言われる。
いや、俺の仕事は風水の見立てなんでやること一緒なんですよー
八卦鏡の鏡の部屋はいくつかあるらしいと言われ面倒だなと思う。
アクセスカードを手に入れろとしつこいので次は九龍フロントへ向かう予定

クーロンズゲート壱

7日まで書かないのも寂しいので他ゲーム日記も開始…

クーロンズゲート再プレイ開始。いつまでもつか分かりませんけど。

風水最高議会から突然問答無用で風水を見立てて来いやと陰界に派遣される風水師。
なんで俺なんだろーと不条理を感じつつ。
部屋を出た後に後ろを振り向くと聞こえる会話は初回プレイ時は聞かない方が良いっていうみたいだけど大抵の人が振り返りさっきの部屋に入れるか試すのではないかと思う。

このゲームの最大の弱点は酔うことだ。
揺れるJPEGダンジョンの気持ち悪さと言ったら最悪だ。この安定のなさも雰囲気作りに一役買っているとは思うけど気持ち悪いものは気持ち悪い。

さっそく龍城路で情報収集開始。
会う人会う人すべて会話。会話がすべてです。情報収集が鍵です。
行ったり来たりで既に迷子! 軽く酔いがっ…

水銀屋で水銀を問答無用で売りつけられる。
そのくせ「そんなもの何につかうんだ」って言われる。じゃあ何で売ってんのさっ
水銀屋は光る目で無数のコードに絡まってぶら下がる操り人形のようでお気に入りだ。
今回ゲームオーバー時は冷蔵庫を選択。

ぜんまい屋が錠前屋のところへ行けというので突撃。
会話後、背後にえび剥き屋の子どもが現れてびびる。
フラグ立つと音もなく背後に現れたり行く先に立ってたりと恐ろしいんだよね。
分かっててもびくびく。
助言にしたがって重慶花園の入り口に向かうと、入れない!
扉の向こうにいる人が「七宝刀」がないとダメだという。
あんたは持ってるのか? なんで入れてるんだよ? あんた誰だよ? と思いながら
「七宝刀」を探してウロウロ。
錠前屋に行くとフェンスの向こうにいた人がいないっ。
重慶花園の入り口閉じてたのはおまえだったのかっ!
錠前屋が偽七宝刀、「八宝刀」をくれて鏡屋をよろしくと頼まれる。

ぜんまい屋と会話すると重慶花園の扉は錠前屋が開けてくれるという。
錠前屋って全部の扉管理してるのか?
だったら全部開けとけよと不条理を感じつつ、酔いもピークなので端末でセーブ。

前途多難…

やっぱり酔って気持ち悪いのでクリアは無理そうです…… 続きを読む

はじめてみる。(序章にもならない呟き)

7月7日ごろからはじめるゲームプレイ日記。
アホプレイを晒すともいう。

普通の日記に詳細プレイを書くわけにもいかないので別にしてみた。
はじめは「絢爛舞踏祭」のプレイ日記を。


プレイヤーキャラに名前をつけられるのだろうか。
つけられるといつもここで時間をとられてしまうので今回は先に名前を考えておく。
(悩んだあげく、その日のプレイ可能時間を消費し電源を切るはめになったりする)

男:アオモリ・リョクノハラ(緑野原青杜)
女:モトカ・アオサカ(青坂心香)

これでTVを前に困らなくて済むってものだが仕事中に考えるべき事ではない。
『色名前は捨てられないよなー』とか
『流石に青森って県名をそのままつけたらいじめられそうだなー(誰にだよ)』とか。

己のルールに従いファーストプレイは女性。
チュートリアル後、勝手に時間が経過するそうなので「放置しておいたらどうなるのか」を
試す為に別データをとっておくことにする。

誰と仲良くなろうかと考え出す時点で何か間違っている気がするが、
100年の平和を約束する為に奔走します。
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ