遊戯記録

遊んだゲームの記録。

VitaminZとX

どちらも、遜色劣らない出来栄えだと思います。

一作目の方が目新しさとかあったし、二作目は期待の重さなんかもあったりね。

教師の主人公が馬鹿またはアホな問題児を卒業させるべく奮闘する乙女ゲームです。
メインの攻略対象が6人。


一人ずつ全12話で、一話30分くらい。
共通ルートがなく、区切りが付けやすく、再プレイも容易。
クイックセーブとロードもある。スキップ、バックログ等、システム面でのストレスがまったくない。
オマケも充実していて、長時間遊べる。
フルコンプ考えると面倒だけどね。
格ゲを思わせるデザイン、クラシックをアレンジしたBGMも好きです。

恋愛というより、だんだんと心を開いてくれる過程が好きです。
文章に無駄が無くて、さくさく進みます。


もちろん、のたうちまわりたくなる程恥ずかしいセリフとか草冠なもえとかもてんこもりですが。


XはノーマルEDが特に好きです。
Zは夢、完璧の方がいいかな。

Zは攻略順に寄ってネタバレというか、どのルートでもそれなりに皆喋るので、
ある程度「こういう背景持ってる子なのね」と分かってしまうのがなー

例:慧ルートを先にプレイすると那智ルートの中身がほとんど予測できる

そのルートに入って初めて分かるともっと違うのにな、と思うことがちょっとあった。誤字があった。



この物語はフィクションです、というところをうまく使った学園ものだなーと思います。

花宵ロマネスク

乙女ゲです。元々無料の携帯ゲーム。
試しに携帯で遊んでみたらあまりにも恥ずかしくて外で暇つぶしに遊ぶものじゃないと悟って、PS2版を買ってしましました。

テキストADV
花宵ヴィジョンを使って、会話の中から「ロゴス」(キーワード)取得。
任意のタイミングで花宵ヴィジョンを発動、「ロゴス」の発見に成功すると、そのロゴスを自動的に取得。
集めたロゴスは『ロゴス解放』の際に使用。
花宵ヴィジョンは精神力ゲージが溜まっていないと使用することが出来ない。

フルボイスの威力ってすごいなあ、と思う。
喋り方ひとつで、文字だけみる分にはなんとも思えない言葉が
ものっすごい威力を発揮する悶絶台詞になっちゃうわけだから。
個人的に葵の「離すからドライブ行こう」という遊佐さんの喋り方が
なんとも言えないくらい好きです。
これでもう、絶対断れないだろうという計算尽くの声と喋り方。



気に入った点
・個人ルートはあるものの、基本的に全員救うことが出来ること。
 誰かのルートに入ると他が置き去りになったり死んでしまったり
 うやむやになることってあるじゃないですか。
 でもそれがないことが良いなと思いました。

・一話一話が短く、プレイに区切りがつけやすい。

・気に入ったセリフをストック出来る。セーブが100個出来る。

・小さなイベントも多いのでちょこちょこ萌えられる。

面倒なところなど。
個別ルートがないようなものなので、全員に気をくばらなければならない。
ある程度開放しないとBAD行きになるので、キーワード集めの為にただ物語に没頭することができない。

ロゴスを開放出来る主人公に全員無条件に好意を持つという逆ハー振りと特に攻略対象にしていないのに迫られたりとか主人公の流され振りとか苦手なひとは苦手だと思う。

全34話
好感度によって発生するイベントがあるので、すべてみるには一人ずつ34話まで繰り返し、まったく変わらないシナリオを読み、キーワードを拾うのはものっすごく面倒。

ED
最後の展開が全員同じ。
それこそ一言一句変わらないってどうよ?


いっぱいセーブ出来るので好きなシーンの前にセーブして
フルボイスを楽しめたらそれでいいかな、という感じ。

久しぶり

目標
操作を思い出す。
400機狩る。


久しぶりすぎて勝手が分からない。プレイ記と持ち物を見返して、
クルスとエステルに恋したい修正+のアイテムを渡して、
エステルにクルスへの伝言を頼む。

イイコとマイトのイベントはどうやったら起こるのか。
二人一緒に船にいて欲しい今日この頃。

特にすることもないので、各種技能上げと、とにかく通りかかったNPCと
会話をすることに専念する。
日数的に後半だというのに、仲の良いNPCが少ないようにみえるよ。

トイレで恵ちゃんが手を洗うようになっていたり、
別れたながらもグランパと恵ちゃんは仲良しらしく、
グランパに舞踏子へ信頼しているよ、という伝言を頼んでいる様子。

不在ログでは敗戦が多い割りに士気は高いみたい。


エステルが喉が渇いているようなので持っていたコーヒーをあげる。
トイレ行きたい状態になったのにマッサージを頼まれたのでしてあげる。
その後、トイレまで追跡し、手を洗うか確認。
一緒に並んで手を洗ったよ。

会議で都市船での強制演説が決まる。
犠牲が出ないことを祈りつつ、リセットすることも視野に入れる。
イカナがニャンコポンにプレゼントしてる、和む?

と思った矢先にシールド突撃でゲームオーバー。
うーん、いらないと思うんだよなあ、シールド突撃!

戦闘の感覚がつかめなくてマイトに先に倒されてしまう…うーん

クーロンズ・ゲートクリア

クリアしてしまいました。

途中からメモを取って手順を書くのが面倒になったんです。
時間がかかるし。

雰囲気重視、テキスト解読重視なのかな、と。
2周すると、あのときのあんなセリフで複線張ってて楽しいな、と思うと思う。

お世話になった攻略サイト
http://www.geocities.jp/kujira_onaka/kowloon/top.html

公式はここ
http://www.sonymusic.co.jp/Amusement/kowloonet/menu/index.html

回復アイテムなどの消費アイテムは入手に制限があるので、大事に使ったほうが良い。
まあいいや面倒くさいなんて適当に使っていると詰みます。
というか詰みかけて苦労しました。
セーブデータもバグ対策に分けておいたら良いですよね。

セカンドライフだけじゃなくて気軽にみんなが遊べるものを
何か企画してくれたらいいのになあ、と思います。

テイルズオブジアビス

あれだけもう、やらないと思っていたテイルズに手をだしました。
D2までプレイしていてそれ程ハマリもしなかったのです。
ルーティとマリィがとても好きですけど。
あんまり合わないなあ、と悟って(何しろキャラデザのひと目当てプレイだった)
もう、テイルズやらんと思ったんですけど、アビスやってしまいました。
赤毛の男の子大好きなんだ! (まったく反省してないプレイ理由)
始めて即、2Dじゃないことに違和感覚えながらも慣れました。
テイルズっていうと戦闘が2D格ゲっぽいところが好きなのでどうかなって
思ってたんだけど楽しかったです。
イベントの繋ぎが上手くて以前のシリーズで感じた面倒くさい感は少なかった。
メインのキャラクター誰を主人公に持って来ても良いくらい。
本編もサブイベントも隙がなく、とんとんきれいに進行していく。
やりこんでる人じゃないんでこう言っていいいのか分からないけど
テイルズらしさっていうのがブレないよね。

メイン使用は ガイ、ルーク、アニス、ナタリア。
スピード系好きなのでガイ! 技もなじみが深いので。
でもイベントとかで勝手に隊列変えられてしまうと面倒でそのままルーク使ったり。
ジェイドが回復使えたらナタリアじゃなくてジェイドが入ったかもしれない。
それでも弓使い贔屓だから微妙かなあ。

アルカイックシールドヒート

アルカイックシールドヒートは、面白いです!


主人公のお姫様の衣装がえろくて

じゃなくて……

戦闘マップで隣接するとタッチしにくいとか、
移動させるときにキャラが直ぐに画面から見えなくなって不便だとか
買い物時、装備のパラメが出ないとか、
戦闘中のモーションカットできないとか、その他SLGの面倒くさいと
感じるようなところが前面に出ている感じなだけで、面白いです!
出撃準備を選択してしまうと戻れないところが一番不便だなあ。

個人的に、マップ上に見えている敵を全部倒してほっとした瞬間に増援がくるのが
非常に腹立たしいのですがちきしょーやってやるぜ、とも思って好きだよ。

絵も奇麗だし格好良いし可愛いし、グラフィックも奇麗で声優さんがすっごく豪華
時間があってSLG好きならやってもいいんじゃないかと。
召喚できる灰の戦士は主人公のレベルに合わせてあって鍛えないと使えないってこともないみたいだし、ちゃんとフリーバトルもあってレベル上げもできる。


まだ序盤でエンゲージなんかは試してない上に、
ストーリーも進んでないのでのでまた追記します。

08:ボイラー男

さあ、九龍路地下時計屋の奥から富善苑へ行きますよ!

入って直ぐ鬼律がいることを示す視界の色。
一匹倒し、開錠しもう一匹を倒すと開錠の音がする。
地図をみると階段を使う以外に他の場所へいく道が無いので登る。

登ろうとするとナビ、リトルが来る。富善苑を先回りしてくれるらしい。
3階もどピンクなので、鬼律を倒しながら進む。
重慶花園3階へ繋がる扉もあるが、まだ開かない。

更に北東の方向の長めに、みえる通路奥にある自動門も開かず。
その通路上に鬼律玉が2個落ちている。

くまなく巡って鬼律を物に戻していくと開錠の音がする。
重慶花園への扉が開くか確認しに行くと開いた! 3階といえばセーブ!
メールが届いているが文字化け。たぶんガタリから?
さて、どうしたものだろう。
降りる、しかない? じゃあ降りて探索してみます。(酔ってきている)

一階に来ました。コンパスドール時に開かなかった扉へ向います。

南東方向中央辺りの扉は開いて鬼律戻すと開錠音。
たけど丁度真ん中辺りの扉は開かず、鬼律もいない。(酔ってるんだってば!)

富善苑4階へ
リトルがくる。
「鬼律やっつけても開かない扉への対策を考えよう」
関係ないけど「ひねもす」聴きたくなってきた!

えーっと、重慶花園へ行って鬼律倒して来てと言われる。端末もあるよ、と。
ごめん、たぶんその手順もう踏んでるっぽい。
まあアレです。序盤は何度かやりましたからね……

緑の鬼律は無視が信条。適当に歩いてピンクを探して歩くと
ボイラー男登場。
「パイプが繋がれば、俺はまた燃え盛る男になれる」らしい。
太い管をあげた。
壊れた時計を燃やしてもらい。針金をもらう。
彼のいう「やつら」とはだれだろう。
彼は別にボイラーになりたかったわけではないらしい。
ずっと働いてたんだろうなあ。

戻るとリトルが登場。
妄人になると二度と戻れない。
己が物であるという妄想を続けなければ物になってしまうらしいよ。

八卦鏡の部屋はこの階にあるそう。
探索行ってきます。ピンク鬼律がいるのにエンカウントできないっ
扉も開かないし……って何の為に針金手に入れたんだよ!
針金で開かない扉を開けて後は適当に進む。

八卦鏡の部屋の鍵を鍵穴男が開けてくれる。
「自分が鍵穴になった今、何を覗くといいんだろう…」
部屋へ入りコンパスドールを使う。

戻るとリトルが迎えにきて強制送還。
「コンパスドールって気味が悪いね」

え? 可愛いよ!

びん屋の趣味は何?
古靴屋は燃えているけれど熱くない
鏡屋 邪気の鏡自体が邪気を帯びているかも。縁起の良いフレームを使えば?
鏡屋 フレームはうちにあるよ。鏡は鬼律が持っていそうだ。
ぜんまい屋 文字化けについて。庇利路の電気がなくなりそう。
端末セーブして終了。
またガタリからメールだけど文字化け。
次は庇利路みたいだけど、何処へ行ったらいいんだろ。
会話かな。ディスクは白虎。おつかれ。
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ